細胞の中のエネルギー代謝の中心であるアデノシン三リン酸(ATP)を観察する3色の蛍光センサーの開発に成功【AMED】

日本、シンガポール、アメリカの国際共同研究。がんや肥満の創薬開発への貢献に期待

 
早稲田大学理工学術院の新井敏(あらいさとし)研究院講師と東京工業大学 科学技術創成研究院の北口哲也(きたぐちてつや)准教授(論文投稿当時、早稲田大学重点領域研究機構研究院准教授)らの研究チームは、東京大学大学院総合文化研究科、シンガポール国立大学、ハーバード大学と共同で、細胞の中のエネルギー代謝で中心的な役割を果たしているアデノシン三リン酸(ATP)を検出する、赤・緑・青(RGB)色の蛍光ATPセンサーの開発に成功しました。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*