星薬科大学と国立がん研究センター包括連携協定を締結【国立がん研究センター】

がん医療・研究を支える薬剤師を養成し、新薬の開発研究でも連携

 
星薬科大学(学長:田中 隆治/所在地:東京都品川区)と国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉/所在地:東京都中央区)は、教育・研究・医療活動の連携を促進する包括連携協定を2018年7月25日に締結しました。これまで、星薬科大学と国立がん研究センターは、薬学の観点からがん治療解明に向けた多くの共同研究を行ってきました。こうした長年の共同研究を経て、両機関は、我が国が直面している超高齢社会を克服するためには、新規がん治療法の開発およびがん支持療法を発展させる基礎研究者や薬剤師の養成が必要であることを強く認識し、本協定の締結に至りました。これにより、両機関間でさらなる人材交流および共同研究の促進ならびに、新たなキャリアパスの確立などが期待され、これまで以上に盤石な共同体制が確立されます。本協定のもと、星薬科大学と国立がん研究センターは、相互にがん医療や薬学領域の専門知識を培い、基礎・臨床融合研究を実現し、高度化するがん、緩和医療・研究を支える薬剤師の養成や、新規がん治療法ならびに新薬開発に取り組んでまいります。


 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*