がんと肥満を結びつける新たな鍵分子の発見【東京都健康長寿医療センター】

がん抑制作用と肥満の病態形成に共通して機能するミトコンドリア超複合体を介したエネルギー調節機構


 東京都健康長寿医療センターの井上 聡 研究部長は、千葉大学大学院医学研究院の永野 秀和 特任助教、田中 知明 教授らのグループ(分子病態解析学)との共同研究にて、がんの抑制に重要な因子としてミトコンドリア超複合体に会合するDPYSL4を見出し、その作用メカニズムを明らかにしました。


 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*