がん診療連携拠点病院を中心とする全国424施設の診療の状況調査(2014年に診断されたがん患者56万人が対象)【国立がん研究センター】

がん診療連携拠点病院を中心とする全国424施設で2014年にがんと診断された患者56万人について、主要な5がん(胃・大腸・肺・乳腺・肝臓)と臓器横断の支持療法で選定した標準診療・検査9項目の実施率と標準診療を行わなかった理由について調査。標準診療の実施率9項目に関しては、2013年と比較して大きな変化は認められなかった。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*