インスリンの必要量を抑える食餌がPIK3阻害薬の効果を増強する可能性【Nature】

 PI3Kは、がんの進展やインスリン代謝などの多用な細胞過程の重要な調節機能を果たすことから、現在はPIK3を標的とするさまざまな分子標的薬の開発が進められている。今回の研究では、マウスモデルにおいて、インスリンの必要量を抑える食餌により、PI3K阻害薬の治療効果が増強される可能性が示唆された。

Suppression of insulin feedback enhances the efficacy of PI3K inhibitors.

Nature 2018; 560: 499-503


 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*