緑茶カテキンに免疫チェックポイント阻害薬の活性があることを発見【埼玉大学】

 国立大学法人 埼玉大学大学院理工学研究科 戦略的研究部門の菅沼雅美教授の研究グループは、緑茶カテキンが免疫チェックポイント分子PD-L1の発現を減少させ、肺がんの増殖が抑制されることを発見しました。近年、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤が、進行がんの治療において著しい効果を上げると報告されています。抗体医薬である免疫チェックポイント阻害薬にはPD-1とPD-L1との結合をそれぞれ直接阻止する薬がありますが、私共の実験はがん細胞に発現するPD-L1の量を緑茶カテキンが減少させて、抗腫瘍免疫の活性を回復することを明らかにしました。緑茶カテキンは副作用がない緑茶成分ですが、高価な免疫チェックポイント阻害剤と同様な活性があることは世界で注目されると思います。今後、この成果を基に、緑茶カテキンによる新しいがん治療の展開が期待できます。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*