2018年9月12日公表「がん診療連携拠点病院等院内がん登録2008-2009年5年生存率」に関する一部報道について【国立がん研究センター】

 国立がん研究センターは、先月(2018年9月)に公表した「がん診療連携拠点病院等院内がん登録2008~2009年5年生存率」について、このデータを基に特定の病院を“治る病院”や“治らない病院”と報じている一部報道を指摘し、今回の施設別の5年生存率の数値だけをもって各施設の治療成績を単純に比較することはできず、事実を著しく歪めていると言わざるを得ないとして、注意喚起を行っている。同センターは、一部の報道機関に対しては、報道内容に関して抗議を行ったところだという。

 今般、国立がん研究センターでは、がん医療の透明性を確保すること等を目的として、施設別の病期別にがん登録5年生存率を初めて公表しましたが、公表資料にも明記しているとおり、「施設別生存率については、施設間で患者の年齢や他疾患の有無など分布等に差があるため、各施設の生存率が直ちに当該施設の治療成績を示すわけではないこと、更に施設間の比較には適さないことに注意」が必要であると考えております。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*