日本人に最適な前立腺がん治療は?【Medical Tribune】


 進行性、転移性前立腺がんに対する治療は目覚ましく変化しているが、ホルモン療法が主体であることに変わりはない。ホルモン療法の有効性には人種差があることが示唆されている。昭和大学江東豊洲病院泌尿器科教授の深貝隆志氏は、日本と欧米におけるホルモン療法の現状を比較した上で、今後、臨床において日本人に最適なホルモン療法を独自に検証する必要があると第106回日本泌尿器科学会(4月19〜22日)で述べた。

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*