肥満による前立腺がん進行のメカニズムを解明【大阪大学】

研究成果のポイント

・高脂肪食による肥満により前立腺癌が進行するメカニズムを解明
・マウスモデルを用いることにより、前立腺癌進展のメカニズムを炎症細胞に着目して検証した
・前立腺癌の一部の患者ではセレコキシブなどの鎮痛剤が有用な治療薬となる可能性があることおよび、前立腺癌の予防、治療には高脂肪食を中心とする食生活が悪影響を及ぼし、食生活の改善により前立腺癌の予防、治療につながる可能性を示唆

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*