非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者においてapalutamideが健康関連QOLに及ぼす影響:プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験SPARTAN【Lancet Oncology】

 高リスク非転移性去勢抵抗性前立腺がんを有する無症候性患者において、アンドロゲン受容体アンタゴニストapalutamide+アンドロゲン除去療法群はプラセボ+アンドロゲン除去療法と比べて無転移生存期間を有意に延長し、健康関連QOLはプラセボ+アンドロゲン除去療法と同様に維持された。

 

 Effect of apalutamide on health-related quality of life in patients with non-metastatic castration-resistant prostate cancer: an analysis of the SPARTAN randomised, placebo-controlled, phase 3 trial

 

Lancet Oncology 2018年9月10日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*