希少がんの研究開発・ゲノム医療を産学共同で推進する中央病院の「MASTER KEY プロジェクト」に京都大学病院が西日本の研究拠点として参加【国立がん研究センター・京都大学】

 国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、所在地:東京都中央区)中央病院(病院長:西田俊朗)は、希少がんの研究開発およびゲノム医療を推進する産学共同プロジェクト「MASTER KEYプロジェクト(Marker Assisted Selective ThErapy in Rare cancers: Knowledge database Establishing registrY Project)」を2017年5月から開始し、既に200人以上の希少がん患者さんの診療情報をデータベース化し、11社の製薬企業と共同で治験を実施しています。

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*