抗CCR4抗体モガムリズマブ、米・FDAが再発・難治性の菌状息肉腫とセザリー症候群を適応に承認【協和発酵キリン】


協和発酵キリン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:宮本 昌志、以下「協和発酵キリン」)は米国食品医薬品局(FDA)において審査がなされていた、全身治療歴を有する成人の再発性もしくは難治性の菌状息肉腫(MF)およびセザリー症候群(SS)を適応症としたPOTELIGEO®〔一般名 名:モガムリズマブ(遺伝子組換え)〕の生物製剤申請(BLA)について承認を取得しましたので、 お知らせします。

 


 


 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*