既治療の皮膚T細胞リンパ腫に対して、抗CCR4抗体モガムリズマブはボリノスタットに比べて無増悪生存期間を有意に延長:国際共同オープンラベル第Ⅲ相ランダム化比較試験MAVORIC【Lancet Oncology】

Lancet Oncology 2018年8月9日オンライン版

 無増悪生存期間中央値はボリノスタット群の3.1カ月に対してモガムリズマブ群は7.7カ月と有意に延長した(ハザード比 0.53,95%CI 0·41〜0·69,P<0.0001)。

Mogamulizumab versus vorinostat in previously treated cutaneous T-cell lymphoma (MAVORIC): an international, open-label, randomised, controlled phase 3 trial

 

 

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*