転移性悪性黒色腫の脳転移に対するニボルマブ+イピリムマブ併用療法:第Ⅱ相試験CheckMate204【NEJM】

 腫瘍径0.5~3cmの放射線未治療の脳転移を少なくとも1つ以上有し、神経症状が認められない転移性悪性黒色腫患者を対象にしたオープンラベルの多施設共同第Ⅱ相試験。
 抗PD-1抗体ニボルマブ(1mg/kg)+抗CTLA-4抗体イピリムマブ(3mg/kg)併用療法を3週ごとに4サイクル施行後、ニボルマブ(3mg/kg)を2週ごとに病勢進行または許容し難い有害事象が認められるまで投与した。
 主要評価項目は、頭蓋内の臨床効果を認めた割合で、6カ月以上の安定または完全奏効、部分奏効を認めた割合と定義された。
 追跡期間中央値14.0カ月の結果、94例において臨床的な利益が認められた割合は57%(52例)、うち完全奏効を26%、部分奏効を30%、6カ月以上の安定を2%に認めた。

Combined Nivolumab and Ipilimumab in Melanoma Metastatic to the Brain.

N Engl J Med 2018; 379: 722-730

Brain metastases are a common cause of disabling neurologic complications and death in patients with metastatic melanoma. Previous studies of nivolumab combined with ipilimumab in metastatic melanoma have excluded patients with untreated brain metastases. We evaluated the efficacy and safety of nivolumab plus ipilimumab in patients with melanoma who had untreated brain metastases.

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*