BRAFV600遺伝子変異陽性メラノーマ患者におけるencorafenib+binimetinib併用投与、encorafenib単独投与、ベムラフェニブ単独投与時の全生存期間:多施設共同ランダム化オープンラベル第Ⅲ相試験COLUMBUS【Lancet Oncology】

 局所進行性で切除不能または転移性のBRAFV600遺伝子変異陽性メラノーマ患者において、ベムラフェニブ群の全生存期間の中央値は16.9カ月(95%CI 14.0〜24.5)であったのに対し、encorafenib+binimetinib併用群は33.6カ月(95%CI 24.4〜39.2)であり、有意に延長していた(ハザード比 0.61、95%CI 0.47〜0.79、P<0.0001)。

 

 Overall survival in patients with BRAF-mutant melanoma receiving encorafenib plus binimetinib versus vemurafenib or encorafenib (COLUMBUS): a multicentre, open-label, randomised, phase 3 trial

 

Lancet Oncology 2018年9月12日オンライン版

 

コメント

Leave a comment

Your email address will not be published.


*