医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

| The ASCO Post

USPSTFが肺がん検診に関する勧告声明案を発表【ASCO Post】

ニュース 勧告情報
57Views 0Picks
コメントをお寄せください
| 肺癌勉強会

【TREM】T790M変異あり/なし非小細胞肺がんに対するオシメルチニブ - キュート先生の『肺癌勉強会』

非小細胞肺がん
論文解説 医師注目
Comment+ | 医師推奨記事
20Views 1Picks
田中希宇人 川崎市立川崎病院
【ブログ『肺癌勉強会』更新】 『Osimertinib in T790M-positive and -negative patients with EGFR-mutated advanced non-small cell lung cancer (the TREM-study)』(Lung Cancer 2020;143:27)より ▶2次治療以降のEGFR陽性非小細胞肺癌に対してT790M変異陽性症例の方が陰性症例よりも奏効率が高い 〇第1,2世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)で耐性を獲得したEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌において、T790M耐性遺伝子陽性非小細胞肺癌に対してオシメルチニブは効果的である。 〇この『TREM試験』では調査者主導、多施設、単アーム、第2相試験が5つの北欧の国で行われた。 〇少なくとも1レジメンのEGFR-TKIで治療が行われ病勢増悪した症例に対し、オシメルチニブ1日1回80mgが病勢増悪あるいは死亡まで投与された。 〇症例はT790M変異の有無にかかわらず登録された。 〇主要評価項目は奏効率ORRとされた。 〇199例が登録され、120例(60%)がT790M陽性、52例(26%)がT790M陰性、27例(14%)が不明であった。 〇24%が脳転移を認め、15%がPS2。 〇全症例の奏効率:48%であり  -T790M陽性例の奏効率:60%  -T790M陰性例の奏効率:28% であり、T790Mの有無で奏効率に差を認めた(p<0.001)。 〇もともとのEGFR遺伝子変異タイプ別には  -del19変異の奏効率:61%  -L858R変異の奏効率:32% であり、タイプ別にも差を認めた(p=0.001)。 〇全症例の無増悪生存期間PFSの中央値:8.9カ月であり  -T790M陽性例のPFS:10.8カ月  -T790M陰性例のPFS:5.1カ月 であり、PFSにも差を認めた(HR 0.62、p=0.007)。 〇全症例の全生存期間OSの中央値:17.9カ月であり  -T790M陽性例のOS:22.5カ月  -T790M陰性例のOS:13.4カ月 であり、OSにも差を認めた(HR 0.55、p=0.022)。
| 肺癌勉強会

非小細胞肺がんの中枢神経系病変に対するオシメルチニブ倍量投与 - キュート先生の『肺癌勉強会』

非小細胞肺がん
論文解説 医師注目
Comment+ | 医師推奨記事
31Views 1Picks
田中希宇人 川崎市立川崎病院
【ブログ『肺癌勉強会』更新】 『A phase II, multicenter, two cohort study of 160 mg osimertinib in EGFR T790M positive non-small cell lung cancer patients with brain metastases or leptomeningeal disease who progressed on prior EGFR TKI therapy』(Ann Oncol 2020)より ▶既治療EGFR陽性T790M耐性遺伝子変異陽性非小細胞肺がんに対しオシメルチニブ160mg投与は脳転移群での頭蓋内奏効率55.0%、癌性髄膜炎群での全生存期間の中央値13.3カ月だった。 〇前向き、単アームの2つのコホート試験において、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)で治療後にT790M耐性遺伝子陽性、脳転移あるいは癌性髄膜炎で病勢増悪した症例に対してオシメルチニブ倍量(160mg)投与の効果を評価した。 〇主要評価項目は脳転移コホート群では奏効率、癌性髄膜炎コホート群では全生存期間とした。 〇脳転移群において  -頭蓋内奏効率:55.5%  -頭蓋内病勢コントロール率:77.5%  -無増悪生存期間の中央値:7.6カ月(95%CI:5.0-16.6カ月)  -全生存期間の中央値:16.9カ月(95%CI:7.9カ月-未到達) だった。 〇癌性髄膜炎群において  -頭蓋内病勢コントロール率:92.5%  -完全奏功率:12.5%  -無増悪生存期間の中央値:8.0カ月(95%CI:7.2カ月-未到達)  -全生存期間の中央値:13.3カ月(95%CI:9.1カ月-未到達) だった。 〇脳転移群においても癌性髄膜炎群においても、オシメルチニブ80mgや他の第3世代EGFR-TKIと無増悪生存期間に違いはなかった。 〇脳転移群において過去の放射線治療は良好な無増悪生存と関連していた。 〇頻度の高い有害事象は食思不振、下痢、皮疹であるが多くがグレード1-2であった。
消化器
記事一覧へ
泌尿器
記事一覧へ
婦人科
記事一覧へ
×

CLOSE

×

アカウントメニュー

コンテンツカテゴリ