創薬

生体内で細胞の増殖を制御する仕組みの一端を解明 -細胞増殖シグナルの可視化に成功し、腫瘍形成における変化を解明-【京都大学】

概要  生体内では、細胞は好き勝手に増殖するわけではなく、必要な時に必要な数だけ増えることが重要です。多くの場合、細胞の増殖は「増殖因子」という物質が細胞表面の受容体に結合し、それを合図として細胞内でERKというタンパク […]

記事を読む