骨髄腫

抗SLAMF7抗体エロツズマブとポマリドミドおよび低用量のデキサメタゾンの3剤併用療法が、 ポマリドミドおよびデキサメタゾンの2剤併用療法と比較して、 再発または難治性の多発性骨髄腫患者における病勢進行リスクを46%軽減【BMS】

(ニュージャージー州プリンストン、2018年6月17日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、再発及び難治性多発性骨髄腫(RRMM)患者 […]

記事を読む