頭頸部

皮膚

腎細胞がん

尿路上皮がん

非小細胞肺がん

ニュース

プレスリリース

レンバチニブ+ペムブロリズマブ併用療法について、3がん種に対する最新の研究成果を第33回がん免疫学会年次総会にて発表

2018-11-09
エーザイ

バスケット型 111 試験/KEYNOTE-146 試験の転移性非小細胞肺がん、 転移性メラノーマおよび転移性尿路上皮がんに関するデータが本併用療法を支持

 エーザイ株式会社とMerck&Co.,Inc.Kenilworth, N.J., U.S.A.(北米以外ではMSD)は、このたび、エーザイ創製の経口マルチキナーゼ阻害剤「レンビマ®」(一般名:レンバチニブメシル酸塩)とMerck&Co.,Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.の抗PD-1抗体「キイトルーダ®」(一般名:ペムブロリズマブ)との併用療法による特定の固形がん(転移性非小細胞肺がん、転移性メラノーマ、転移性尿路上皮がん、転移性子宮内膜がん、転移性頭頸部がん、転移性腎細胞がん)を対象としたバスケット型の臨床第Ib/II相試験(111試験/KEYNOTE-146試験)について、3がん腫(転移性非小細胞肺がん(抄録番号11147)、転移性メラノーマ(同11187)、転移性尿路上皮がん(同11201))に対する臨床試験の最新データおよび解析結果を発表することをお知らせします。本最新データは、11月9~11日に米国ワシントンD.C.で開催される「第33回がん免疫学会(Society of immunotherapy of Cancer:SITC)年次総会」において発表されます。