大腸がん

プレスリリース

AIを搭載した内視鏡診断支援プログラムが承認

2018-12-10
AMED日本医療研究開発機構

 昭和大学横浜市北部病院消化器センターの工藤進英教授らが開発を進めてきた人工知能(AI)内視鏡画像診断支援ソフトウェア(EndoBRAIN®)が、国内5施設で実施した臨床性能試験を経て「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、クラスⅢ・高度管理医療機器として12月6日に承認を取得しました。