乳腺

論文紹介

正常BMIの閉経後女性における体脂肪量と乳がんリスクの関係を検討

2018-12-13
JAMA Oncology

Association of Body Fat and Risk of Breast Cancer in Postmenopausal Women With Normal Body Mass Index: A Secondary Analysis of a Randomized Clinical Trial and Observational Study.

 対象は、正常BMI(18.5~24.9kg/m2)で、年齢50~79歳の閉経後女性3,460例。ベースライン時に加え、1、3、6、9年目に二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)法で体脂肪率を測定した。追跡期間中央値は16年。検討の結果、体脂肪量および体幹脂肪量の最高四分位における多変量補正後の浸潤性乳がんのハザード比は、ぞれぞれ1.89 (95% CI, 1.21-2.95) 、 1.88 (95% CI, 1.18-2.98)、ER陽性乳がんの発症ハザード比は、それぞれ2.21 (95% CI, 1.23-3.67) 、 1.98 (95% CI, 1.18-3.31)であった。

JAMA Oncology 2018 Dec 6