前立腺がん

プレスリリース

エンザルタミド、転移性ホルモン感受性前立腺がんのPFSを延長:第III相ARCHES

2018-12-21
アステラス製薬

 アステラス製薬株式会社は、Pfizer Inc.と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害剤であるエンザルタミド(一般名、製品名:XTANDI®)について、転移性ホルモン感受性前立腺がん(Hormone-Sensitive Prostate Cancer: HSPC)患者を対象として実施した第III相ARCHES試験において、主要評価項目である画像診断による無増悪生存期間(radiographic Progression-Free Survival: rPFS)を有意に延長しましたので、お知らせします。また、本試験の予備的な安全性解析において、エンザルタミドの安全性プロファイルは、去勢抵抗性前立腺がんを対象に実施したこれまでの試験結果と同様でした。