その他

プレスリリース

がん患者の人生の最終段階における苦痛や療養状況に関する初めての全国的な実態調査の結果を公表

2018-12-26
国立がん研究センター

 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターは、厚生労働省の委託事業として、全国のがん患者の遺族等約4,800名を対象に、患者が亡くなる前に利用した医療や療養生活の実態について予備調査を行い、その結果をまとめました。がん患者の人生の最終段階における苦痛や療養状況に関する全国的な遺族調査は、今回の予備調査が日本で初めてのものになります。
 また、2019年には約50,000名を対象に本格調査を行い、予備調査と同様の集計に加え、死亡場所や都道府県別の集計も予定しています。