前立腺がん

論文紹介

ドセタキセルによる治療を受けた転移性去勢抵抗性前立腺がん患者のOSを白人と黒人で比較

2018-12-26
Journal of Clinical Oncology

Overall Survival of Black and White Men With Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer Treated With Docetaxel

 対象は、ドセタキセル+prednisone(DP)またはDPを含むレジメンの第Ⅲ相臨床試験に参加した転移性去勢抵抗性前立腺がん患者〔白人男性7,528例、黒人男性500例〕。白人男性群に比べて、黒人男性群では年齢が低く、活動状態が不良で、テストステロン値とPSA値が高く、ヘモグロビン値は低かった。
 検討の結果、OS中央値は黒人男性群21.0カ月、白人男性群21.2カ月であった。白人男性群に比べて、黒人男性群で死亡リスクが有意に低かった。

J Clin Oncol 2018年12月21日オンライン版