食道がん

プレスリリース

ASCO GI;ペムブロリズマブ 治療歴のある進行性食道がん患者において死亡リスクを31%低減

 2019年1月14日:ニュージャージー州ケニルワース-Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.は本日、進行・転移性食道がんまたは食道胃接合部がんの二次治療における単独療法として抗PD-1抗体KEYTRUDA®を評価する第3相試験KEYNOTE-181の結果を初めて報告すると発表しました。このピボタル試験では、標準治療後に進行したPD-L1陽性(Combined Positive Score [CPS]が10以上)の扁平上皮がんおよび腺がんを含む食道がんの患者において、KEYTRUDA®による治療で化学療法(パクリタキセル、ドセタキセル、またはイリノテカン)と比較して死亡リスクを31%低減し、主要評価項目の全生存期間(OS)が統計学的に有意に延長しました(HR=0.69 [95% CI, 0.52-0.93]、p=0.0074)。抗PD-1抗体がこの患者群に対して生存期間のベネフィットを示したのは、今回が初めてです。扁平上皮がん患者およびITT解析集団全体においても、主要評価項目のOSが評価されました。この2つの集団ではOSの良好な傾向は見られましたが統計学的に有意な延長は認められませんでした。これらの結果は他の解析結果とともに、サンフランシスコで開催された2019 ASCO GI(米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム)の1月17日(木)の口演(アブストラクト#2)にて発表されました。

2019-01-22
MSD