肝胆膵

プレスリリース

切除可能膵がんの新たな標準治療として術前化学療法の有効性を証明

2019-01-22
東北大学

【発表のポイント】
• 現在、切除可能膵がんに対する標準治療は、まず手術を行った後に抗がん剤を半年間投与するものであるが、治療成績の向上が強く望まれている。
• 今回、切除可能膵がんに対して、術前治療の効果を見るためのランダム化比較試験注1を企画・実施したところ、術前化学療法を行った群は手術先行群と比較して治療成績が良好であることが、世界で初めて明らかになった。
• 今回の結果は切除可能膵がんの標準治療を大きく転換するものであり、膵がんの治療成績の向上が期待できる。