全領域

プレスリリース

抗腫瘍効果を高める腸内細菌株を同定・単離

2019-01-24
慶應義塾大学

 慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の本田賢也教授を中心とする共同研究グループは、健常者の便中から、CD8T 細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化させる 11 種類の腸内細菌 (11 菌株)を同定・単離しました。この 11 菌株をマウスに投与したところ、病原性細菌に 対する感染抵抗性や抗がん免疫応答が強まることが明らかになりました。 今回の成果は、ヒトにおける感染症やがんに対する予防・治療法の開発につながること が期待されます。 本研究成果は、国際学術雑誌『Nature』2019 年 1 月 24 日(木)(日本時間)オンライン 版に掲載されました。