全領域

卵巣がん

プレスリリース

メタボロームを標的とした新たながん治療法を発見;卵巣明細胞がんなどでみられるARID1A遺伝子変異がんが対象

2019-01-25
国立がん研究センター

 国立研究開発法人国立がん研究センターと学校法人慈恵大学は、卵巣明細胞がんや胆道がん、胃がんなどアジア人に多いがんで、高頻度にみられるARID1A遺伝子の変異した患者に対する新しい治療法を見出しました。
 本研究成果は、国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野と東京慈恵会医科大学・産婦人科学講座との共同研究によるもので、米国がん専門誌「Cancer Cell」に2019年1月24日付け(日本時間1月25日)で発表されました。