前立腺がん

ニュース

論文紹介

独自取材

男性型脱毛症治療薬で前立腺がん死リスク減か

2019-02-07
Oncology Tribune
推薦記事 赤倉 功一郎 氏 JCHO東京新宿メディカルセンター 副院長・泌尿器科部長

米・フィナステリド大規模RCTの長期追跡結果

■推薦コメント

 フィナステリドの米国での適応は前立腺肥大症および男性型脱毛症だが、日本では男性型脱毛症のみを適応として承認されている。同薬により前立腺がん全体の罹患が減少することは既に報告されていたが、一方で悪性度の高い前立腺がんの罹患がむしろ増加することが警告されていた。今回の長期成績により、悪性度の高い前立腺がんが増加したとしても前立腺がん死亡を増加させることはなかったことが示された。したがって、前立腺肥大症あるいは男性型脱毛症に対するフィナステリドの使用に大きな懸念はないと考えられる。しかし、前立腺がん死亡リスク減少効果に基づく前立腺がん予防薬としてのフィナステリドの有用性については、有意差もない現時点では確定できず、さらなる研究が必要である。

(赤倉 功一郎)