婦人科

論文紹介

保存的治療を選択した子宮付属器良性腫瘍の悪化リスクは低い:IOTA5研究の中間解析

2019-02-06
Lancet Oncology

Risk of complications in patients with conservatively managed ovarian tumours (IOTA5): a 2-year interim analysis of a multicentre, prospective, cohort study

 超音波検査により良性と診断され保存的治療を行った子宮付属器腫瘍患者1,919例を対象に悪性腫瘍および合併症の累積発生率を前向きに検討。追跡期間中央値は27カ月(IQR 14〜38)で、2年以内の自然消失の累積発生率は20.2%(95%CI 18.4〜22.1)で、浸潤性悪性腫瘍は0.4%(0.1〜0.6)、境界悪性腫瘍は0.3%(<0.1〜0.5)、卵巣腫瘍茎捻転は0.4%(0.1〜0.7)、 卵巣嚢胞破裂は0.2%(<0.1〜0.4)と低かった。

Lancet Oncology 2019年2月5日オンライン版