卵巣がん

論文紹介

再発/抵抗性卵巣がんに対するアベルマブ、1年PFS率は10%

2019-02-07
JAMA Oncology

Efficacy and Safety of Avelumab for Patients With Recurrent or Refractory Ovarian Cancer
Phase 1b Results From the JAVELIN Solid Tumor Trial

対象は、これまでに3回の乳がんの治療歴がある女性125例で、病勢進行や耐え難い毒性作用が認められる、または試験から離脱するまで、アベルマブ10mg/kgを2週間ごとにを投与した。投与期間は中央値で2.8カ月間であった。26.6カ月の観察期間中、奏効した患者12例(うち完全奏効1例、部分奏効11例)、1年間の無増悪生存率10.2%、全生存期間11.2カ月、輸注反応25例、グレード3以上の治療関連有害事象は9例に認められた。     

JAMA Oncol 2019 Jan 24.