前立腺がん

論文紹介

骨転移性去勢抵抗性前立腺がんの標準療法に対する塩化ラジウム223併用に効果見られず:第Ⅲ相試験ERA223

2019-02-07
Lancet Oncology

Addition of radium-223 to abiraterone acetate and prednisone or prednisolone in patients with castration-resistant prostate cancer and bone metastases (ERA 223): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial

 化学療法未治療で無症候性または軽度症候性の骨転移のある去勢抵抗性前立腺がん806例をアビラテロン+prednisone/プレドニゾロンに塩化ラジウム223を併用するラジウム群(401例)とプラセボを併用するプラセボ群(405例)にランダムに割り付けた。
 症候性骨関連事象のない生存期間(SSE-FS)中央値はラジウム群22.3カ月(95%CI 20.4〜24.8)、プラセボ群26.0カ月(同21.8〜28.3)と差はなく〔HR 1.122 (同0.917〜1.374)、P=0.2636〕、骨折の頻度はそれぞれ29%、11%、重篤な有害事象の頻度は41%、39%、治療関連死はラジウム群で2例、プラセボ群で1例認められた。

Lancet Oncology 2019年2月6日オンライン版