脳腫瘍

プレスリリース

ヒトiPS細胞を使った新しい小児の脳腫瘍モデルを作製、新しい治療標的を同定

2019-03-06
AMED日本医療研究開発機構

【発表のポイント】
・ヒトiPS細胞を使った新しい小児の脳腫瘍モデルを作製した。
・作製した脳腫瘍モデルから、小児悪性脳腫瘍の原因となる特徴を明らかにした。
・有効な治療法がなく予後の悪い小児脳腫瘍に対して、新しい治療法の可能性を提示した。