非小細胞肺がん

論文紹介

未治療ALK陽性NSCLCへのアレクチニブ、PFS中央値34.8カ月:第Ⅲ相ALEXのアップデート

2019-03-26
J Thorac Oncol

Updated Efficacy and Safety Data and Impact of the EML4-ALK Fusion Variant on the Efficacy of Alectinib in Untreated ALK-positive Advanced Non-small-cell Lung Cancer in the Global Phase III ALEX Study.

J Thorac Oncol 2019年3月19日オンライン版

 進行ALK遺伝子転座陽性非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療において、ALK阻害薬であるアレクチニブとクリゾチニブを直接比較した第Ⅲ相臨床試験ALEXのアップデート。
 担当医評価による無増悪生存期間(PFS)の中央値は、クリゾチニブ群の10.9カ月に対し、アレクチニブ群では34.8カ月であった(ハザード比0.43、95%CI 0.32~0.58)。