前立腺がん

論文紹介

ARCHES試験の中間解析:転移性ホルモン感受性前立腺がんに対するエンザルタミド+アンドロゲン除去療法

2019-04-23
The ASCO Post
推薦記事 赤倉 功一郎 氏 JCHO東京新宿メディカルセンター 副院長・泌尿器科部長

Interim Analysis of the ARCHES Trial: Enzalutamide Plus Androgen-Deprivation Therapy for Metastatic Hormone-Sensitive Prostate Cancer


■推薦コメント

 同試験では、転移性ホルモン感受性前立腺がんに対して、腫瘍体積の大小に関わらずに抗アンドロゲン薬エンザルタミド+アンドロゲン除去療法(ADT)の有効性および安全性を検討している。対象を腫瘍体積が大きい患者に限定せずに検討したにもかかわらず、エンザルタミド+ADTの有効性が示されたことから、エンザルタミドを今後より多くの患者に使えるようになることが期待される。

赤倉功一郎



■関連記事
ASCO-GU 2019 学会印象記

エンザルタミド、ホルモン感受性転移性前立腺がんのrPFSを有意に延長;第Ⅲ相ARCHES