腎細胞がん

プレスリリース

承認情報

ペムブロリズマブについて進行性腎細胞がんの初回治療としてアキシチニブとの併用療法を承認

2019-04-26
MSD

 Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は2019年4月22日、進行性腎細胞がん(RCC)の初回治療として、抗PD-1抗体KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)とチロシンキナーゼ阻害剤Inlyta®(アキシチニブ)の併用療法を米国食品医薬品局(FDA)が承認したことを発表しました。今回の承認はKEYNOTE-426試験の結果に基づくもので、このピボタル第Ⅲ相試験ではKEYTRUDA®とアキシチニブの併用療法(KEYTRUDA®+アキシチニブ併用療法)において、スニチニブと比較して全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)および奏効率(ORR)の有意な改善が示されました。この結果は、事前に設定したサブグループであるIMDC(International Metastatic RCC Database Consortium)リスク分類およびPD-L1発現の有無にかかわらず、一貫していました。