脳腫瘍

プレスリリース

膠芽腫への術後オプジーボ+放射線、OS改善せず:第Ⅲ相CheckMate-498

2019-05-11
ブリストル·マイヤーズ スクイブ

Bristol-Myers Squibb Announces Phase 3 CheckMate -498 Study Did Not Meet Primary Endpoint of Overall Survival with Opdivo (nivolumab) Plus Radiation in Patients with Newly Diagnosed MGMT-Unmethylated Glioblastoma Multiforme

 米・Bristol-Myers Squibb社は5月9日、新規に診断された膠芽腫でMGMT(O6-methylguanine DNA-methyltransferase)遺伝子プロモーター領域にメチル化がない症例を対象に、術後療法としての抗PD-1抗体ニボルマブ+放射線治療の有効性および安全性をテモゾロミド+放射線治療を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate-498の結果から、主要評価項目である全生存期間(OS)の延長が認められなかったことを発表した。