卵巣がん

プレスリリース

リムパーザ BRCA遺伝子変異陽性進行卵巣がんの初回治療後の維持療法として欧州医薬品評価委員会より肯定的見解を取得

2019-05-13
アストラゼネカ

 アストラゼネカおよびMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(MSD)は、2019年4月29日、欧州医薬品庁の欧州医薬品評価委員会(CHMP)が、BRCA遺伝子変異陽性進行卵巣がんの初回治療後の維持療法としてリムパーザ(一般名:オラパリブ)を推奨したことを発表しました。