頭頸部

食道がん

胃がん

膵臓がん

非小細胞肺がん

胃食道接合部

プレスリリース

米・Merck、ASCO 2019で発表予定の演題を公表

2019-05-23
米・Merck

New Research from Merck’s Broad Oncology Clinical Development Program to be Presented at 2019 ASCO Annual Meeting

 米・Merckは5月15日、今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019)で発表予定のがん臨床開発プログラムの新たな研究結果について公表した。
 同社の抗PD-1抗体ペムブロリズマブやPARAP阻害薬オラパリブ(アストラゼネカ社と共同)、マルチキナーゼ阻害薬レンバチニブ(エーザイと共同)などを25種類以上のがんで評価した140件のアブストラクトが採択されたという。
 その中には、以下の3演題が含まれる。

●First-Time Data from POLO Trial Evaluating LYNPARZA ® (olaparib) in Germline BRCA-Mutated Metastatic Pancreatic Cancer in Plenary Session and ASCO Press Program

●KEYTRUDA ® (pembrolizumab) Five-Year Survival Data in Advanced Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC) from KEYNOTE-001 Trial in ASCO Press Program

●Overall Survival Data for KEYTRUDA in Metastatic Renal Cell Carcinoma (RCC), Recurrent/Metastatic Head and Neck Cancer and Advanced Gastric or Gastroesophageal Junction (GEJ) Cancer