子宮がん

論文紹介

独自取材

尿検査で子宮頸がんを予防

2019-05-24
Medical Tribune ウェブ

 英国では毎年3,000人を超える女性が子宮頸がんに罹患する。30~35歳の女性で最も頻度が高いが、その5~10年前の前がん段階で検出が可能である。しかし女性の3分の1は、この時期に塗抹標本検査(PAPテスト)を受けていない。英・University of ManchesterのEmma J. Crosbie氏らは、尿検査による子宮頸がんの原因ウイルスである高リスク型(HR)ヒトパピローマウイルス(HPV)の検出が、前がん病変の発見に有用であるとBMJ Open(2019; 9: e025388)に報告した。