前立腺がん

プレスリリース

アーリーダ®(アパルタミド)が転移性去勢感受性前立腺癌 (mCSPC)患者の全生存期間(OS)と画像上の無増悪生存期間(rPFS)を有意に延長

2019-06-06
ヤンセン

 イリノイ州シカゴ(2019年5月31日) – ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門であるヤンセンは本日、国際共同第III相試験(PCR3002 試験、TITAN)の結果として、転移性去勢感受性前立腺癌(mCSPC)患者を対象にアンドロゲン除去療法(ADT)の併用下でアーリーダ®(一般名:アパルタミド)とプラセボを比較して全生存期間(OS)と画像上の無増悪生存期間(rPFS)の2つの主要評価項目を有意に延長したことを発表しました。この試験は、転移の広がりやドセタキセル投与歴に関わらずmCSPC患者を対象とした試験です。結果はシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で発表され(抄録番号5006)、“Best of ASCO 2019”に選ばれたほか、The New England Journal of Medicineのオンライン版でも同時に公表されました。