頭頸部

プレスリリース

ペムブロリズマブ、第3相試験(ピボタル試験)KEYNOTE-048の最終解析において 再発または転移性頭頸部扁平上皮がん患者の初回治療として全生存期間を延長

2019-06-07
MSD

 2019年5月31日:ニュージャージー州ケニルワース―Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、抗PD-1抗体KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)について、再発または転移性頭頸部扁平上皮がん(HNSCC)患者の初回治療として単独療法および化学療法との併用療法を検討する第3相試験(ピボタル試験)KEYNOTE-048の最終解析データを2019年ASCO(American Society of Clinical Oncology)年次総会で報告すると発表しました(アブストラクト#6000)。この発表には、PD-L1発現に基づくKEYTRUDA®と化学療法の併用療法群および試験集団全体のKEYTRUDA®単独療法群における全生存期間(OS)に関する初のデータが含まれます。中間解析の結果は2018年ESMO(European Society for Medical Oncology)年次総会で発表され、現在の標準治療であるEXTREMEレジメンと比較して、KEYTRUDA®と化学療法との併用療法が試験集団全体で、KEYTRUDA®単独療法がCPS(Combined Positive Score)≧20およびCPS≧1のPD-L1陽性患者集団で、OSの優越性が認められました。