子宮がん

プレスリリース

子宮頸がんの前段階病変に対するFIT039の医師主導治験を開始

2019-06-07
京都大学

 京都大学の 濵西潤三 医学部附属病院講師(産科婦人科)、萩原正敏 医学研究科教授(形態形成機構学)、万代昌紀 同教授(婦人科学・産科学)らの研究グループは、子宮頸がんの前癌病変である子宮頸部上皮内腫瘍(CIN 1もしくは2)に対する低分子化合物FIT039の有効性と安全性を検討する医師主導治験を開始しました。