骨髄腫

プレスリリース

再発/難治性多発性骨髄腫へのエロツズマブ+ポマリドミド+デキサメタゾン併用療法の第Ⅱ相試験に関する最新の有効性データを発表

2019-06-17
ブリストル·マイヤーズ スクイブ

【ポイント】
・全生存期間の記述的解析において、エムプリシティをポマリドミドおよびデキサメタゾンに上乗せすることにより、RRMM 患者の死亡リスクが 46%低減しました。
・エムプリシティベースの併用療法が、18 カ月時点における持続的な無憎悪生存期間の延長を含む有効性評価項目の改善を示しました。

(ニュージャージー州プリンストン、2019 年 6 月 14 日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、再発又は難治性の多発性骨髄腫(RRMM)患者を対象に、エムプリシティ(一般名:エロツズマブ)とポマリドミドおよびデキサメタゾンの 3 剤併用療法(EPd)と、ポマリドミドおよびデキサメタゾンの 2 剤併用療法(Pd)を比較評価した、国際共同ランダム化第Ⅱ相臨床試験である ELOQUENT-3 試験の最新データを発表しました。最短 18.3 カ月の長期追跡調査後、全生存期間(OS)を記述的に評価するために実施した事前設定されていない解析結果において、EPd 群では、Pd 群と比較して、持続的かつ臨床的に関連する OS および無増悪生存期間(PFS)の延長が継続していることが認められました。