前立腺がん

論文紹介

独自取材

前立腺がんホルモン療法で認知症リスク上昇

2019-07-25
Medical Tribune ウェブ

 前立腺がんに対し、アンドロゲン除去療法(ADT)を受けた患者は、受けていない患者と比べて、その後にアルツハイマー病や認知症と診断される可能性が高まることが、米国の15万例を超える大規模な後ろ向きコホート研究から示された。米・University of PennsylvaniaのRavishankar Jayadevappa氏らがJAMA(2019年7月3日オンライン版)に発表した。



関連記事:「前立腺がんへのADTで認知症リスクが増加【JAMA Netw Open】」(赤倉功一郎先生のご推薦コメント付き)