その他

プレスリリース

腫瘍の正しい位置に放射線照射ができているかリアルタイムで確認

2019-08-08
量子科学技術研究開発機構

 名古屋大学大学院医学系研究科の 山本 誠一 教授、量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所の 山口 充孝 主幹研究員、河地 有木 プロジェクトリーダー、兵庫県立粒子線医療センターの 赤城 卓 博士らの研究チームは、新しく開発した放射線画像化装置を用い、粒子線がん治療に用いる炭素線注の飛跡を照射中にリアルタイムで画像化することに成功しました。