食道がん

プレスリリース

ペムブロリズマブの単独療法として新たな適応を米承認:PD-L1陽性の局所進行再発/転移性食道扁平上皮がんで

2019-08-09
MSD

 2019年7月31日 ニュージャージー州ケニルワース ― Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、抗PD-1抗体KEYTRUDA®(一般名:ペムブロリズマブ)が単独療法として新たな適応で米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得したことを発表しました。今回承認されたのは、1回以上の全身療法後に疾患進行が認められ、FDAが承認した診断薬により腫瘍にPD-L1発現陽性(Combined Positive Score[CPS]≧10)が確認された局所進行再発または転移性食道扁平上皮がんに対する適応です。