非小細胞肺がん

プレスリリース

未治療Ⅳ期NSCLCへのデュルバルマブ+tremelimumab、OS延長示せず:第Ⅲ相NEPTUNE

2019-08-22
英・Astrazeneca

Update on the Phase III NEPTUNE trial of Imfinzi plus tremelimumab in Stage IV non-small cell lung cancer




 英・AstraZeneca社は8月21日、未治療のⅣ期(転移性)非小細胞肺がん(NSCLC)を対象に抗PD-L1抗体デュルバルマブ+抗CTLA-4抗体tremelimumab併用療法の有効性および安全性をプラチナ製剤ベースの標準化学療法を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験NEPTUNEの全生存期間(OS)最終解析の結果から、主要評価項目である血中の腫瘍変異量(Tumor Mutation Burden;TMB)が20 mut/Mb以上の患者におけるOSの有意な延長は認められなかったことを発表した。デュルバルマブ+tremelimumab併用療法の安全性および忍容性に関しては、これまでの結果と同様であったという。
 今回のアップデートの結果の詳細は、今後の学会で発表される予定である。