乳腺

プレスリリース

アテゾリズマブ併用療法、欧州でPD-L1陽性の転移性トリプルネガティブ乳がんを適応として承認

2019-09-06
中外製薬

【ポイント】
・テセントリク併用療法は、がん免疫療法を含む治療レジメンとして欧州で初めて、予後不良かつ治療困難な疾患であるトリプルネガティブ乳がん(TNBC)に対し承認された治療法となる
・本承認は、テセントリク併用療法が PD-L1 陽性の TNBC 患者さんに対し、転帰を改善することを示した第 III 相臨床試験である IMpassion130 試験に基づく
・国内では、乳がんに対する適応拡大が申請中。