非小細胞肺がん

プレスリリース

PD-L1陰性の進行NSCLCの初回治療におけるプール解析でKEYTRUDA®と化学療法との併用療法が化学療法単独と比較してOSを延長したことが引き続き示される

2019-09-18
MSD

 2019年9月10日 ニュージャージー州ケニルワース ― Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、抗PD-1抗体KEYTRUDA®(一般名:ペムブロリズマブ)について、3つの無作為化試験に登録されたPD-L1陰性(tumor proportion score[TPS]<1%)の進行非扁平上皮または扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)患者のサブグループに対するプール解析において、初回治療としての化学療法との併用療法により全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)および奏効率(ORR)の改善が示されたことを発表しました。EGFR遺伝子変異陽性またはALK融合遺伝子陽性の非扁平上皮NSCLC患者は各試験において対象から除外されていました。今回、KEYNOTE-189試験、KEYNOTE-407試験およびKEYNOTE-021試験(コホートG)の3試験のプール解析から得られた結果は、これまでの3試験の試験対象集団で得られた結果と一致していました。これらの結果はスペイン・バルセロナで開催された国際肺癌学会(IASLC)主催の2019年世界肺癌学会議(WCLC)で口頭発表されました(アブストラクト #MA25.01)。